梅雨期の豪雨災害

降雨が発生するためには、①湿った空気 ②空気塊の上昇 という2つの条件が必要です。梅雨期は南の海上から暖かく湿った空気が供給され、停滞前線により上昇流が発生するため、降雨の発生条件を満たしやすい環境場となります。梅雨期に豪雨災害は、台風と前線の組み合わせか線状降水帯によるものがほとんどです。気象庁は「顕著な大雨に関する情報」として、線状降水帯の発生時に注意情報の発表を始めましたが、事前予測は困難です。