これからの防災を考える

  

  近年では行政の対策を上回る災害が多発している。自治体が発表しているハザードマップや被害想定は鵜呑みにせずに自らその妥当性を考える必要がある。また多くの人口が密集する都市は災害に対して脆弱であるため避難計画の策定や避難所、備蓄の確保などソフト・ハード両面での対策が必要である。

 

フォロー

  • LinkedIn
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

©2020 by 名古屋大学防災サークル轍-wadachi-。Wix.com で作成されました。